面倒なレジ業務はPOSレジにおすすめ!ミスも防止できます!

サイトマップ

硬貨

飲食店経営に効率化をもたらしてくれるPOSレジのメリットについて

売り上げ集計は、お店経営でもっとも面倒で、時間がかかる業務のひとつ。複数のお店を経営している方にとっては、各店の売り上げの集計は今後の顧客の動向を見据える大切な指標。各店ごとの売り上げを一つ一つ集計し、まとめていく作業に人手を取られてしまっては、経営の効率化は達成できません。飲食店の場合、各店の売り上げ集計をもとに、仕入れの量を決めていきます。売り上げ集計をすばやく、そして正確に行うことにより、仕入れの量を見極めることができるので、仕入れコストの削減にもつながります。売り上げ集計・管理業務の効率化を目指す経営者の方におすすめしたいのが、POSレジ。POSレジを導入することにより、お店の売り上げ集計や管理を簡単に行えるようになります。POSレジというと、売り上げ集計や経理作業に便利というイメージがありますが、POSレジに備わっている機能はこれだけではありません。複数のお店の売り上げ動向を可視化できるので、売り上げ予測や傾向を的確に判断できます。リアルタイムで各店の売り上げや顧客情報をチェックできることもメリットのひとつ。レジでの会計の際に面倒な釣銭の計算やレシートの発行も間違えなく行えるので、スタッフによる誤りや不正も阻止してくれます。お店経営に効率化をもたらしてくれるPOSレジ。経営改革の一環として、導入を考えてみましょう。

会計のスピードアップを図るならPOSレジを使おう

レジの会計で時間がかかると、顧客の満足度を下げる可能性があります。それを避けるためには、なんとかしてスピードを上げなければなりません。そんなときは、POSレジの導入を検討してみてください。
なぜなら、POSレジは金額をバーコード読み取りで表示できるからです。そのシステムがあれば、手で入力するよりもスピードが上がるため、会計がすぐに終わるようになります。手でひとつひとつ打ち込む場合、その操作にどうしても時間をとられてしまいます。慣れてくればある程度は短縮できますが、よりスピーディーな方法にこだわるなら、やはりPOSレジが最適です。バーコードを読み取るだけで済むため、余計な手間はかからず、サクサクと作業を進められるようになります。それなら、待ち時間が長くなることもないため、顧客満足度の向上につながります。
また、打ち間違いがない点にも注目です。バーコードを読み取る方法は、人の手で打ち込むより確実であり、「うっかり間違えた」というミスを防ぐことができます。それなら、クレームなどのトラブルは起こらないため、人の流れがよりスムーズになります。そして、「ここのレジはすぐ順番が回ってくる」という印象が強くなれば、満足度がアップがしていくのです。
こうした会計のメリットに魅力を感じるなら、POSレジをしっかりチェックしておきましょう。

POSレジで防ぐことができる手で打つときのデメリットは?

POSレジを導入した場合、従来のレジの問題点であった手打ちのデメリットを防ぐことができます。これは顧客満足度アップにつながるポイントなので、改善を考えているなら、POSレジがおすすめです。
手で打ち込むときのデメリットというのは、打ち間違えてクレームが入ることです。人間である以上、ミスをゼロにすることはできません。努力によって、「ほとんど起こらない」というレベルまでもっていくことはできますが、ロボットでもない限り、完全にノーミスというわけにはいかないのです。しかし、POSレジなら問題はありません。POSレジで金額を表示するときは、手で打ち込む必要がないからです。バーコードの読み取りで金額を出すため、手動入力でミスが起こることはありません。それなら、クレームが入ることもはいのです。
さらに、時間の問題も重要なポイントです。バーコード読み取りを駆使した会計は、とてもスピーディーです。普通に入力するレジだと、慣れていない人は時間がかかってしまうこともありますが、POSレジなら、余計な待ち時間は発生しません。
このように、デメリットをなくして満足度を上げる方法に注目するなら、積極的にPOSレジを使っていきましょう。


飲食系の経営に大きくかかわってくれる頼りになる機能が多く搭載されているposレジは『はんじょうPOSレジ』がおすすめです、全自動のタイムカードに給与計算、すべての手のかかる作業を簡単に管理できます!

new posts

TOPへ